2017年03月08日

エイジングレスの100回 骨粗しょう症予防には、オステオカルシン!(納豆とブロッコリーお勧め)


 骨粗しょう症予防には、オステオカルシン!

 前回、骨粗しょう症には、テアフラビンなんて、言っておきながら何なんですが・・・

 テアフラビンの場合は、薬みたいな感じで、即効性のある効き方をするのですが、オステオカルシンは、元々、体内にある物質で、ホルモン的な働きをする物質です。

 ですので、骨粗しょう症予防という観点からは、オステオカルシンを体内でたくさん生合成するのが、本筋かと思います。

 オステオカルシンは、骨の中にあるたんぱく質の一種で、骨密度が高いとオステオカルシンも多く存在し、骨密度が低下すると、オステオカルシンも少なくなることが知られていました。

 医療の現場では、オステオカルシンを測定して、低ければ、テリパラチドという骨同化剤を投与するということが、行われていたようです。

 で、近年の研究で、オステオカルシンを増やすと、骨密度が高まるとの報告がありました。

 オステオカルシンは、骨芽細胞でのみ作られるため、オステオカルシンを増やすためには、骨芽細胞を活性化させる必要があります。

 
オステオカルシンの増やし方

 ためしてガッテンで、「かかと落とし」なんて方法を言っておりましたが、基本的には、骨に適度な刺激を与えるのが良いので、運動がお勧めです。

 ウォーキングや軽い運動でよろしいかと思います。

 オステオカルシンは、たんぱく質なので、トリプトファンの摂取は欠かせません。

 肉、魚、卵などたんぱく質系の食材は、毎日、食べてください。1日50g以上が目安です。

 また、たんぱく質の生合成には、何と言っても代謝を高める必要があります。刺激があっても、材料があっても、代謝が低いと生産量も上がりませんので、代謝アップも気にしてください。


代謝アップ法はこちら


 以上で、オステオカルシンの生合成が活発になるはずです。

 但し、折角できたオステオカルシンも、骨の中に取り込んでこそ、威力を発揮します。

 そこで、欠かせないのが、ビタミンKです。

 ビタミンK は、ブロッコリーやホウレン草などの緑色の葉野菜に含まれています。欠かさず摂取されることをお勧めします。


その他に、骨粗鬆症の予防に有効な栄養素は以下の通りです。

カルシウム
ビタミンD
ビタミンB12
ビタミンC
植物性乳酸菌

 これ以外にも、実は、たくさんの物質が骨の生産に関与していますので、すべてを完璧に摂取するのは、なかなか大変です。

 そこで、お勧めなのが納豆です。骨の生産に必要な栄養素を比較的バランスよく含んでいて、納豆の植物性乳酸菌は、胃でも死なないので、理想的です。

 前述したブロッコリーとともに、毎日食べていると、予防としては十分かと思います。

 理想的には、青魚と海藻、キノコがあれば、完璧です。

 お大事に

<関連記事>
第99回 骨粗しょう症予防には、テアフラビン!(アッサムティーがお勧め)
第39回 エイジングレスの本命「NMN」で若返ってください・・・実はNAD+です


posted by エイジングレス at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エイジングレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
Ranking!