2017年02月25日

パワースポットの第56回 一生守ってくださる守護神=産土神(うぶすなかみ)様に感謝する方法






第56回 一生守ってくださる守護神=産土神(うぶすなかみ)様に感謝する方法


 産土神(うぶすなかみ)様は、神道において、その人が生まれた土地の守護神です。


 その人を生まれる前から死んだ後まで守護する神(守護神)とされており、他所に移住しても一生を通じ守護してくれると信じられている神様とのことです。


 宗教に関わらず、産土神様の産霊(ムスビ)によって産み出されたことに変わりはないらしいです。


 ということで、自分の守護神に感謝して、手助けして頂ければ幸せになる確率も高まるのではないかと思います(守護神にお会いしたことはないので、偉そうなことは言えませんが・・)


 因みに、私の守護神は、「山の神」様と「埴安神(はにやすのかみ)」(埴山彦神様と埴山姫神様の二神が一神になられた神様)です。


 埴安神様は、イザナミ様からお生まれになられた神様で土の神様ですが、なかなかお会いする機会がありません・・


 山の神様は、いわゆる山岳信仰の神様なのですが、記紀神話には、大山咋神(おおやまくいのかみ:上賀茂神社の神様)、大山祗神(おおやまつみのかみ:三島神社の神様、木花咲耶姫命の父)、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと:富士山の神様)、菊理姫神(ククリヒメのカミ:白山比咩神社の神様)などが山ノ神として挙げられているようなのです。


 私の守護神は、どちらの山の神様なのかは、よくわかりませんので、山の神系の神様にお会いした際には、全ての神様に感謝の言葉を述べるようにしています。


 産土神(うぶすなかみ)様は、生まれた場所を守護しておられる神社さんにおられる神様ですので、一度、ご自分の守護神を確認されるのもいいかもしれません。


 わからないときは、各都道府県の神社庁に問い合わせてみるのが、確実です。



 近くに住んでおられる方は、神社さんに参拝されるのが良いということですし、遠くに住まれてて、なかなか行く機会がない方は、思いを寄せられるだけでもよろしいかと思います。


 もし、産土神様がおられた神社さんが荒廃していて、「気」が失われている場合には、一番近くて、大きめに神社さんにご参拝した後に、産土神様がおられる神社さんに参拝されると、「気」が復活するらしいです。(神様が戻ってこられるということのようです。)


 賛同者を集めて、大勢でやると良いらしいのですが、お一人でなさる場合は、何度か繰り返してみてくださいとのことです。



産土神(うぶすなかみ)様に感謝する方法




 感謝のおまじないは、以下の通りです。


 「産土神様、産土神様、産土神様、いつもお守り頂きまして有難うございます。


 産土神様と3回唱えると、産土神様が降りてこられるとのことです。



 おまじないは、毎日、三回唱えると効果があるとのことですので、お試しください。運気が上昇するかもしれません。


 皆様の守護神が皆様をお守りしてくださるように、祈念しております。


<関連記事>


第74回 あなたを守り幸運をもたらす「おまじない」(その1 ねずみ年生れ)

第75回 あなたを守り幸運をもたらす「おまじない」(その2 受験生の方、うし年、とら年の方用)

第76回 あなたを守り幸運をもたらす「おまじない」(その3受験生の方、卯年生れの方)












posted by エイジングレス at 10:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金運・運気アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイジングレスの第89回  ウコンに薬効がないことが明らかに・・・クルクミンの嘘





第89回 ウコンに薬効がないことが明らかに・・・クルクミンの嘘


Gigazinさんのサイトに、「健康食品「ウコン」(ターメリック)には薬効はないことが判明」という記事がありました。

肝臓にいいとか、ガンに効くとか、とにかく、体にいいイメージがありましたが、その技術的根拠であった「クルクミン」の効能が、全否定されました。

ミネソタ大学の研究チームによる論文では、
----------------------------------------------
クルクミンに含まれる物質について「不安定かつ科学的に反応性が高く、体内に吸収できない化合物であるため、(薬剤の開発に役立つ)可能性は極めて少ない」とする結論を導き出しています。

薬剤の検証が行われる際には、多くの場合で特定のタンパク質に作用する能力についての検証が行われます。

そして、クルクミンの化学組成には、実際にはタンパク質に作用していないにもかかわらず、あたかも効果があったかのような結果「False Hits (偽の結果)」をもたらす効果があることが明らかになっています。
-----------------------------------------------

最新の研究からは、クルクミンの効能は「プラシーボ効果」に等しいともいえる結果が出ているとのことです。

プラシーボ効果(プラセボ効果)とは、偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる事を言うのですが、クルクミンは、このプラシーボ効果に該当するとのことです。

ウィキペディアを見てみると、
「クルクミンの生理作用として、抗腫瘍(抗ガン)作用や抗酸化作用、抗アミロイド作用、抗炎症作用などが知られている。」
と書かれており、それらしい科学的な話もあります。

科学の発展により、これまでに正しいとされてきたことが、全く否定されるなんて話がよくあることですが、クルクミンも残念ながら、このケースに該当してしまいました。

カレー派の皆様には、ちょっと残念な話ですね・・

と言っても、悪いのは、嘘をあおった人間ですし、ウコンやクルクミンには、罪はありませんので、いじめないでくださいね。

クルクミンの薬効を謳って、宣伝していた「ウコンの力」は、どうなるのか心配ですね・・・

但し、クルクミン以外のウコンの成分が否定されたわけではありませんし、クルクミンは、腸内細菌には良いらしいという報告もありますし、そもそも、今回の報告自体も、正しいかどうかは結着がついていません。


固定概念を取り払うことを、脱学習(アン・ラーニング)というらしいですが、クルクミンの脱学習をして、正当な評価ができると、効果を期待してカレーを食べていた方も、少しは気が楽になるかもしれません。

posted by エイジングレス at 10:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エイジングレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日のつぶやき






posted by エイジングレス at 09:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Ranking!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。