2017年01月06日

エイジングレスの第44回 エイジングレスにも健康にも欠かせないNMNの原料「ナイアシン」と「トリプトファン」


第44回 エイジングレスにも健康にも欠かせないNMNの原料「ナイアシン」と「トリプトファン」


 リターンエイジング(若返り)成分として、知る人ぞ知るNMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド)は、体内(肝臓)で生合成されていて、この生産量が、若さに関係があると言われています。

 今回のテーマである「ナイアシン」と「トリプトファン」は、NMNの原料なので、摂取量が少ないと、当然、NMNの生産量が少なくなって、(はっきりしたことは言えないのですが)老化が進むということになります。

 ということで、エイジングケアに励まれている人向けに、「ナイアシン」と「トリプトファン」の摂取量が減ると、大変なことになるかも・・・というお話をしたいと思います。


ナイアシンとは

 別名、ビタミンB3と言われており、ニコチンアミドとニコチン酸の総称です。水溶性のビタミンなのですが、同じ水溶性のビタミンCに比較して、熱に強く、調理しても多く残る特徴があります。

 主な仕事としては、エネルギー系の代謝をサポートする働きで、糖、脂質、たんぱく質などを体で利用できやすい物質に変えてくれます。不足すると、口舌炎、下痢などの胃腸障害、皮膚炎、神経症状などが起きますが、致命的な症状に至ることはないようです。

 過剰に摂取すると、ナイアシンフラッシュという症状がでて、膚が赤くなり、ヒリヒリしたり、痒みが出るのですが、最近の研究では、このナイアシンフラッシュが花粉症などのアレルギー症状緩和に効果があるとの報告があります。

 ナイアシンの1日の必要量は、成人男子で、14~17mgNE、成人女性は、12~13mgNEと微量なのですが、ナイアシンフラッシュを起こすには、100mgのナイアシンを一気飲みすることで、症状がでるとのこと。

 アレルギーが起きると、体内からヒスタミンという物質が放出され、様々なアレルギー症状を起こすと言われています。(※悪者扱いされているヒスタミンですが、実は、血圧降下作用があり、体内の血圧をコントロールする重要な物質なのです・・・可哀想)

 ヒスタミンは体内で生合成されており、貯蔵場所があって、急な血圧上昇に備えているのですが、ナイアシンフラッシュが起こると、貯蔵場所から血管に流れ込んで、次第に分解されていくようです。(たった90分で半分に減る)

 で、ナイアシンフラッシュが繰り返されると、ヒスタミンの貯蔵量が減ってきて、ついには、アレルギー症状が現れなくなる量まで減少するとのことです。

 ナイアシンは、水溶性のため、多少過剰摂取しても、代謝により、体外に排出されるため、比較的安全性は高いのですが、1日の上限は、30mgと言われていますので、一気飲みする際には、お医者様にご相談されたほうがいいかと思います。


トリプトファンとは

 9つある必須アミノ酸の一つで、体内で生合成できないため、食事等で補給する必要があります。一日の摂取の目安は、体重1kg当たり2mgです。体重が50kgなら100mgということになります。

 キヌレニン経路、セロトニン経路、グルタル酸経路、NAD 経路(NMNを作る代謝)など、実に様々な代謝の原料となっているほか、睡眠、体温調整、生体リズム調整をするセロトニンやメラトニンの原料としても使われる重要な物質です。

 また、前述のナイアシンの原料となる物質でもあり、ナイアシンが代謝されて、若返り薬とも言われるNMNを生合成するNAD+合成系の出発点ともなる物資です。

 トリプトファンが不足すると、最初に、セロトニン障害がおきて、睡眠障害や精神不安定など症状が現れるようです。その後、体内代謝に異常がでてくるようなのですが、色んな食材に含まれるため、普通の食事をしていれば、不足することはないようです。

 特に、多く含まれるのが(すべて100g当り)、プロセスチーズ 291mg、肉類 150~250mg、赤身魚 200~250mg、糸引納豆 242mg、たらこ 291mgなどです。白米にも、 89mg入っています。


ナイアシンとトリプトファンの若さとの関係

 トリプトファンは、比較的摂取しやすい成分なのですが、トリプトファン60mgに対して、ナイアシンは、1mg しか、生合成されません。つまり、ナイアシンをトリプトファンだけに頼ると、ナイアシンの1日の必要量に達するには、トリプトファンを900mgも摂取しなけれななりません。

 それでも、若い方なら摂取に問題無い量かもしれませんが、お年寄りやダイエット中の方は、確実に、不足します。

 つまり、本来なら、若返り成分であるNMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド)をたくさん必要としている人が、結果的に、原料不足(トリプトファンやナイアシン不足)なっている可能性が高いという事です。逆に言えば、若い人は、NMNがたくさんあるから、若いということもできるかもしれません。なんか、皮肉ですね。



posted by エイジングレス at 09:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エイジングレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Ranking!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。